会 社 概 要

商   号 箱 崎 埠 頭 株 式 会 社 (HAKOZAKI FUTO CO.,LTD.)
所 在 地

〒812-0051
福岡県福岡市東区箱崎ふ頭6丁目11番49号             

箱崎埠頭へのアクセスマップ

連 絡 先

TEL 092-641-6615       FAX 092-641-6739

設   立 1973年11月01日
資 本 金 10億5千万円
株   主 博多港開発株式会社、日本製粉株式会社他8社
代 表 者 代表取締役社長 中沢 浩
事 業 内 容

(1)倉庫業

(2)港湾運送事業

(3)その他附帯関連業務

主要取引先

日本製粉株式会社

鳥越製粉株式会社

 

 

会 社 沿 革

昭和48年11月

箱崎埠頭株式会社設立(資本金2億円)

51年 4月

増資(資本金2億5千万円)

52年11月

増資(資本金4億1千万円)

53年 6月

増資(資本金5億7千万円)

55年 9月

倉庫業営業許可(運輸大臣)

56年 7月

本社を現在地に移転

56年10月

保税倉庫許可(門司税関長)

56年11月

くん蒸倉庫指定(門司植物防疫所福岡支所長)

1号サイロ完成(収容力30,189トン)

57年 7月

食糧庁指定貯蔵そう倉庫指定9,996トン(食糧庁長官)

57年 8月

開業式、食糧庁第1船入庫

59年 3月

増資(資本金10億2千万円)

59年11月

2号サイロ完成(収容力20,114トン、総収容力50,303トン)

くん蒸倉庫指定(追加)(門司植物防疫所福岡支所長)

食糧庁指定貯蔵そう倉庫追加指定(福岡食糧事務所長)

60年 3月

増資(資本金10億5千万円)

平成 4年10月

全サイロビン食糧庁指定(雑穀換算50,303トン)

5年11月

創立20周年

6年6月

サイロ収容力変更(福岡食糧事務所長)

(収容力積算基礎を大麦から小麦に変更 変更後収容力55,865トン)

8年 9月

3号サイロ完成(収容力19,965トン、総収容力75,830トン)

くん蒸倉庫指定(追加)(門司植物防疫所福岡支所長)

食糧庁指定貯蔵そう倉庫追加指定(福岡食糧事務所長)

15年11月

創立30周年

20年5月

業務用コンピューターシステム更新

25年11月

 創立40周年

 

                                 

              行  動  規  範

  箱崎埠頭株式会社のすべての役員及び社員が共通の価値観を持って行動するために、次のとおり行動規範を            
  定めます。
                 
  基 本 理 念  

私たちは、博多港における共同利用サイロとして、西日本エリアの安定的な食糧供給を確保
する重要な役割を担っていることを常に自覚し、法令や社内規定を遵守するとともに、企業

倫理に基づいて行動し、社会の負託に応えるよう努めます。

                     
〔 得 意 先 〕  

私たちは、得意先のニーズを把握し、近代化・効率化を計り、徹底した品質管理の下、食の

安全・安心を常に心がけ、良質なサービスを提供します。

〔 取 引 先 〕  

私たちは、公正で透明性の高い取引ルールにしたがい、契約を尊重し、十分なコミュニケー

ションをとり、取引先と信頼関係を築き、相互の繁栄を目指します。

〔 従 業 員 〕  

私たちは、自己研鑽と創意工夫に努め職場を自己実現の場とするとともに、和をモットーとし

仲間を大切にしながら互いの共通目標達成に向けて協働し、社業の発展隆盛に資します。

〔 株       主 〕  

私たちは、常に株主の利益を念頭におき、継続的な企業価値の向上に努め、高い倫理観と

責任感をもって行動し、社会の公器として誇れる企業を目指します。

〔 社       会 〕  

私たちは、社会の一員として持続可能な社会の実現と共存のために積極的な社会活動に

取り組みます。